お得な古着がいろいろ買える古着通販"東京・古着屋スラットWEBSHOP"。初回会員登録で500ポイントプレゼント!! 送料全国一律500円。5,000円(税抜)以上で送料、代引き手数料無料!!

TOP > おすすめブランド > リーバイス特集

東京高円寺古着屋スラット、おすすめブランド、リーバイス特集

今も色褪せる事無く、デニム市場を牽引しているリーバイス。その歴史は1890年代初めてロットナンバーとして、501が誕生して以来、およそ130年近く世界中で愛されているブランドである。
ビンテージ市場でも高騰状態のリーバイス。物によっては数百万以上で取引される物もあり、古着というカテゴリーの中でも飛びぬけて特別なジャンルに分類されている。
歴史に触れてしまうと長くなってしまいそうなので、今回はビンテージリーバイスというカテゴリーではなく、古着屋でも一般的に売られているUSA製のリーバイスにフォーカスを当ててみたいと思う。
USA製については、基本的には90年代までの物を指すので、20年以上前に生産は終了している。
故にビンテージでは無いが、年々色の濃い、所謂真っ紺と呼ばれる物は球数も減っており、価格も上昇傾向、ヒゲ、アタリが付いた色落ちの良い物についてはまだまだプライスが落ち着いているので、人気のアイテムである。
それではジーンズの完成形(ストレート)と呼ばれている501からご紹介。

Levis 501 denim pants made in USA

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

年間数万本以上のジーンズを見ているが、これはその中でも色落ち含めて当たりな1本。
色もしっかり残っており、アタリが付き始めた良いジーンズ。気兼ねなく履ける一本だと思う。

80年代〜 Levis 501 denim pants inside single made in USA

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

こちらは同じUSA製でも内股がシングルで縫われているインサイドシングルと呼ばれる物。これより前は赤耳になるので、カテゴリーとしてその後のモデルとされている。プライスが変わるというわけではないが、同じUSA製でもカテゴリーとして知っておくと面白い。続いては501同様人気の高い定番モデル505をご紹介。
1960年代に誕生した505。それまでは501とジッパータイプの502があり、ファッション向けに作られたのが505とされている。
シルエットは?
膝から下に掛けて軽くテーパードになっており、ウエストは少し緩めに作られている為、長時間穿いていてもストレスになりにくいのが特徴となっている。

Levis 505 denim pants made in USA Hige

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

クッキリと入ったヒゲが抜群の雰囲気を醸し出しているこちらの505。実に古着らしい1本。

Levis 505 denim pants made in USA

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

こちらの注目したい点は勿論色がしっかり残っているという点も捨てがたいが、何よりもサイズ表記に注目して貰いたい。W32×L32というゴールデンサイズの1本。USA製に限らず、レングスが長い物が多いジーンズ。直して履くのも良いが、最初からこの表記サイズの物に出会えたらラッキーだ。
捕捉になるが、505は501と違いプリ・シュランク(防縮加工)されており、表記通りに近いサイズ感になる為、古着屋でも選びやすいというのもポイントだ。
その他モデル紹介。
定番とされる501、505を紹介したが、それ以外にも品番は多数存在する。今回は当店でも人気の高いモデルをご紹介。

Levis 550 denim pants relax fit

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

腿回りは太く、そこから裾に掛けてテーパードが掛かるシルエットの550。近年人気の高いシルエットである。トップスも合わせやすいシルエットで程よい腿回りの太さは良い意味で野暮ったさを演出してくれるパンツである。

Levis silver Tab Baggy corduroy pants

東京高円寺古着屋スラット、リーバイス

こちらは90年代を代表する名作シルバータブと呼ばれる物になる。名前の通りタブが銀色になっている。この時代はルーズなシルエットが大流行ということで、ゆったりとした特徴のパンツが多い。上記の物はデニムも存在するが、今回は捻って、少しだけデニムに比べて見つかりにくいコーデュロイ仕様。近年でも人気の高いコーデュロイ素材にルーズシルエット、流行り廃りはあるが、ブレずに履き続けていられる、そんなアイテムだと思う。
古着屋で当たり前に置かれているリーバイスも品番、シルエット、素材等色々な点に注目すると面白いと思う。とにもかくにも大人になってもずっと履き続けていられるそれが一番の魅力なのではないだろうか。古着というカテゴリーで最前線を走り続けるリーバイス。5年後、10年後どのようになっていくのか楽しみである。


Brand

当店おすすめの主なブランド